読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガーリーおじちゃんは本当に役に立たない

アウトレイジ的概観外見からは想像できないくらい女子脳なおっちゃんの、日々と周辺。音楽と映画と美容!健康ネタ。

小椋冬美がリップスティックグラフィティを描かなかったら

僕の人生は変わっていた。断言。

 

妹の買っていた「りぼん」という少女マンガ。

やたら目が大きいキャラクターたちの雑誌。

 

ぼくは少年ジャンプ以下、習慣漫画雑誌がなぜだか苦手で。

少年チャンピオンを立ち読みする程度だった。

 

単行本は好きだったんだけど。

 

りぼんは、すっと入ってきた。

 

 

そのなかでも一番は小椋冬美のマンガ。

 

小椋冬美の描く目のたれた女の子が好きで。

これって今で言う「二次元」だなー

 

リップスティックグラフィティ

f:id:girlykun:20150129151502j:plain

 

 

さよならなんていえない

f:id:girlykun:20150129151519j:plain

 

この2作を読んで

ロックバンドをはじめたりした率は、きっとNanaより多いはず。(笑)

 

ニューウェーブニューロマンティック

めんたいろっくを好きだと公言していたので

そういのが好きだといいづらかった。

 

話がそれたけど。

 

小椋冬美。

 

岡崎京子より前に、ぼくはこの人の洗礼を受けた。

 

「さよならなんていえない」のライブシーンは、すさまじくかっこよかった。

 

最近ようやく、オークションや古本屋で見つけた。

もう30年もたったけど。

 

あっちこっちで言ってるけど

僕が妻と結婚したのは

妻が小椋冬美の描くキャラクターにそっくりだったから。

f:id:girlykun:20150129151806j:plain

f:id:girlykun:20150129151819j:plain